目次

パスポートの期限に注意すること

男女

香港入国に際して注意したいことは、パスポートの残存有効期限に注意をすることです。90日以内の滞在であればビザの取得は不要ですが、入国時において1ヶ月にプラスして滞在日数以上の有効期限が残っていることが必要です。

中国本土の違いを知っておく

パスポート

現在、中国と香港は一国二制度という体制を敷いています。そのため、ビザの取得に関しても中国本土と香港では制度が大きく異なるため、香港から本土に入国する際には、ビザの要件が異なるため注意をしておく必要があります。

免税品は申告漏れに注意

パスポート

免税品の持ち込みについて、申告漏れがある場合には香港政府は厳しい姿勢で対応します。ビザは日本人はかなり優遇されて入るものの、免税品は入国の際にきちんと申告しなければ、最高で2年の禁錮刑と1万香港ドルの罰金が課せられます。タバコやアルコール類の持ち込みに関して明確な規定を設けているため、申告が必要な場合には、入国時に厳正に申告をすることが求められています。

ルールを守って観光を楽しむ

日本国籍者の場合、90日以内の観光目的での滞在であれば、ビザの取得が免除されています。香港は世界有数の観光地であり、国際色豊かな国であることから、多用な文化が混在しています。ルールを守って香港観光を楽しむことです。

広告募集中