施術

国で行っている支援

これから柔道整復師で店を開業したい場合には支援システムなどを利用すると良いでしょう。支援は民間で行っているものと国で行っているものもありますので、あまりお金をかけたくない場合には国のシステムを使うのが良いです。ただ、国の支援システムの問題点は十分な支援がされないこともある点です。やはり多くの人がお金のかからない国の支援システムを利用することになりますので、自分の順番が回ってくるのが遅い可能性も考えられるでしょう。時間をかけて支援をしてもらいたいならば問題ありません。

民間の支援システムを利用する

柔道整復師になり自分のお店を開業したい場合には、民間の支援システムを利用する方法もあります。国の支援システムと異なり、よりお金がかかることに関しては大きな負担になる可能性もあると言えますが、しかし十分な支援をしてくれるのが特徴になります。細かいサービスまで行ってくれますので、初めてお店を開く場合には民間のシステムを利用した方が良いことも多いです。それに加えて、お店をオープンした後も十分なサポートをしてくれる可能性が高くなります。

場所をよく考える

日本には沢山の柔道整復師と呼ばれる人がいます。この人たちがすべて独立するわけではありませんが、多くの人が開業を希望しています。そのため、お店同士の競争になってしまうことも否定できません。この時重要になるのは、どのような立地でオープンする日になります。立地は、大通りの角地が1番良いとされていますが、必ずしもそうとも言い切れないでしょう。例えば、隠れ家的な整体院をオープンさせたい場合には、ワンルームマンションの1室でも良いわけです。

どのようにお客様を集めるか

いくら柔道整復師の資格を取得していたとしても、それだけで開業したらお客さんが集まるわけではありません。最初のうちは、チラシをまけばある程度お客さんが集まるものの、次第に客足が遠のいてしまうことも考えられます。再びチラシをまけばそれなりに人が集まってくれるものの、宣伝費用も馬鹿になりません。このように考えれば、宣伝をするだけでは頭打ちになってしまう可能性があるでしょう。そこで、まだオープンする前に方向性を明確にしておくことが必要になります。可能ならば、他にはない個性を備えておく必要があるでしょう。単なる資格を取得している人ならばコマンと言いますが、そこに別の何かを掛け合わせるとオンリーワンが出来上がります。よくある例としては、自分の趣味と結びつけることです。例えば、ギターが好きな人ならばギターをお店に並べることでオンリーワンの地位を獲得することも可能になるでしょう。

広告募集中